キャバクラで働くなら必見!体験入店時の持ち物やドレスについて

キャバクラの体験入店に必要な持ち物


キャバクラにはキャバ嬢の仕事を体験できる「体験入店」というシステムがあります。ナイトワークの経験がなくても、一度は耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?
本格的に働く前にまずは体験入店をするのがおすすめなのですが、もしすることになったら何が必要なのかわからないという人も多いはず。

そこで、ここでは体験入店に必要な持ち物をお伝えしていきますね。これからキャバ嬢として働こうと思っている人は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

身分証明書(顔写真付き)

キャバクラは18歳未満の場合は働くことができません。しかし、中には大人っぽい人もいますし、見た目だけでは年齢を判断するのは難しいです。

なので、お店側は必ず身分証明書を求めます。年齢が達しているか確認するためにも必要になるので、忘れずに持っていくようにしましょう。
ちなみに身分証明書といっても顔写真付きのものに限られます。顔写真がないと本人かどうか確認できませんからね。運転免許証やパスポートなどを用意しておきましょう。

ドレス

キャバ嬢の勤務時の服装はドレスのお店が多いので、事前に用意しておくことをおすすめします。ただ、お店によってコンセプトが違う可能性もあるということを忘れずに。

例えばカジュアルな雰囲気のお店ではドレスではなく、綺麗めのワンピースでも可能な場合もありますからね。
お店の雰囲気に合わないといけないので、どんな服装が好ましいかしっかり確認してください。

ライター

お客さんの中にはタバコを吸う方もいます。タバコに火をつけるのはキャバ嬢の仕事なので、ライターは必須です。いざ使う時に火がつかないトラブルを避けるためにも、予備として2つくらい持っておくと安心ですね。

その他にあると便利な物

ここまで挙げてきた物以外にも、あると便利な物があるので紹介していきます。まずは、ボールペンとメモをとるノートなど。
仕事を覚えることから始まるので、教えてもらったことを忘れないようにメモをとる必要がありますからね。

それから、ハンカチとストッキング。ハンカチはお客さんのグラスの水滴を拭くために使います。ストッキングは破れやすいので、もしもの時のためにも予備のストッキングを持っていきましょう。

ドレスについてはレンタルサービスがおすすめ


先ほど必要な持ち物の中でドレスについて触れましたが、持っていない場合は買わなくてはいけませんよね。

お店によってはレンタルドレスもあるんですけど、サイズが合わない、好みのものがない可能性があるというデメリットもあります。なので、できれば自分で用意した方が良いかもしれません。

そこでおすすめなのはレンタルサービスを利用することです。レンタルサービスとはその名の通り、洋服をレンタルできるというもの。中でも【Rcawaii】は数多くのブランドが揃っていて、普段の生活で着れるものからキャバ嬢向けのドレスもあります。
月額料金がかかりますが、様々な洋服をレンタルできるのでとても便利ですね。
可愛い系や綺麗系などジャンルも豊富ですし、きっと好みのドレスや洋服を見つけられるはず。

ドレスを持ってないという人はぜひチェックしてみてください。

まとめ

キャバクラの体験入店の持ち物についてのまとめはこちら。

・身分証明書は必ず顔写真付きのものを持っていく
・勤務時の服装はお店の雰囲気に合ったものを用意する
・ライターやストッキングは予備を持ておくと安心
・教えてもらったことをメモするためにノートやボールペンも必要
・お店からドレスを借りられる場合もあるが、レンタルサービスを利用するのがおすすめ