職種ごとの特徴も解説!六本木で出来るナイトワークの種類

六本木でできるナイトワークの種類はたくさん


普通の仕事よりも稼げるというイメージがあるナイトワークですが、様々な種類があるのをご存知でしょうか?代表的なものとなると、キャバクラを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。

キャバ嬢になるという選択も悪くないですが、その他にも女性向けのナイトワークがあるということを知ってほしいです。まずはどんな働き方があるのか知ってから、自分に一番合うものを選ぶようにしましょう。

こちらではナイトワークの種類や特徴を詳しく解説していこうと思います。六本木でできるものを中心にまとめていくので、六本木で働きたいと思ってる人はぜひチェックしてみてくださいね。

①ガールズバー

六本木というと高級なイメージがあるので、少しハードルが高いと感じてしまう人もいるかもしれません。確かに高級店もたくさんありますが、一般的な働きやすいお店もあります。

特にガールズバーは、ナイトワーク初心者でも働きやすい職種の1つです。

ガールズバーは女性がお酒を作って提供し、お客さんと会話を楽しむというところ。

基本的にはカウンター越しで接客をすることになりますね。お客さんの横に座って接客するわけではないので、触られたりする心配はありません。

料金もリーズナブルでカジュアルな雰囲気があるため、若い人も利用しやすくなっています。質の高い接客を求めるというより、気軽に楽しみたいという人が多いのが特徴ですね。

なので、そこまで気を張らずに良い意味で気楽に働けます。

六本木でナイトワークを始めるなら、まずはガールズバーで働いてみるのがおすすめです。お酒の作り方や接客の基本も覚えられますよ。

②キャバクラ


ナイトワークの中でポピュラーなのは、やっぱりキャバクラではないでしょうか?キャバクラはキャバ嬢がお客さんの横に座り、お酒を飲みながら会話を楽しむところですね。

ガールズバーと同じような仕事内容ですが、こちらの方がより接客力が必要になります。

ガールズバーのようなカジュアルな雰囲気のお店もあれば、高級感があるお店もあります。

特に六本木のキャバクラは高級志向のお店が多く、求められるレベルが高いですね。キャバ嬢も綺麗で意識が高い人がたくさんいます。

ハードルが高いと感じるかもしれませんが、未経験でも働けるお店は多いです。キャバクラで働くと接客力や会話力などが身につきますよ。

③高級クラブ

高級クラブはお客さんにお酒を提供し、会話をするということ自体はガールズバーやキャバクラと同じです。しかし、接客スタイルが少し違います。

キャバクラの場合は毎回指名を聞きますが、高級クラブの場合は「永久指名制度」になっています。

一度決められたら変わることがないということですね。そして、お客さん一人に対してホステスが数人ついて、集団で接客をします。

高級クラブはガールズバーやキャバクラのように、誰でも気軽に行けるわけではありません。

会員制になっていたり、紹介でなければ来店できないお店もあります。限られた人のみになるので、客層は良いですね。トラブルになることも少ないですし、安心して働くことができます。

ただ、六本木の高級クラブは求められるレベルがキャバクラよりも上がるので、未経験でいきなり働くのは厳しいかもしれません。

もし働いてみたいという気持ちがあるなら、経験を積んでからチャレンジすることをおすすめします。

④ラウンジ


ラウンジもお酒を提供して、お客さんと会話を楽しむ場です。雰囲気としてはキャバクラと高級クラブの間になります。どちらかというと落ち着いていてゆっくり過ごせる空間ですね。

接客スタイルはキャバクラや高級クラブと同じように、お客さんの横に座ります。お客さんの年齢層は比較的高めで、落ち着いて過ごしたいという人が多いのが特徴ですね。

働いてる女性の年齢も20代後半~が多い傾向があります。高級クラブほど高い接客力を求められるわけではないので、そこまで敷居が高い職種ではありません。

まとめ

六本木のナイトワークについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?ナイトワークといっても様々な種類があるので、それぞれの特徴などを知った上で選んでほしいです。

仕事内容はほとんど同じでも、雰囲気や求められるスキルが違います。なので、まずはどの職種が自分に合うのか見極めるところから始めましょう。